Home > 2011 > 05

05Cruising Tips

第61回 大島レース

5月最後の週末は伝統の大島レースです。

dsc_0145

約85マイルと、関東水域でのレースとしてはパールレースに次いで長い距離が設定され、

土曜日の午前11時にスタートし、概ね20時間が平均的な所用時間となります。

レースのポイントは。。。。

最初の回航となる初島を如何に上手く回るか。(無風と潮に翻弄されないように)

大島までの渡りを伊豆半島沿いから攻めるか、直線コースか!?

そして大島南側の千波埼(せんばざき)に発生する無風地帯をかいくぐり。

眠いくて、しんどい深夜のクローズホールドを確実に刻んでいくか。

という、毎回同じコースとはいえ、思いもよらない展開に一喜一憂するのが楽しみです。

今回は台風の影響で参加を予定していた関西ミドルボートが中止となり、前日にクルー

エントリーさせて頂いた、ケットフィークチーム(X-35)での参戦です。

p5060016

昨年は人数も少なく、千波埼の無風に2時間近く捕まってしまい、惨敗でしたので、

リベンジすべく挑みました。

dsc_0132

助っ人に某H岡氏も加わり、気合い十分の木村スキッパー

dsc_0137

YBデザインOhツボさんと、セイリングの鬼軍曹、荒川海彦プロ

dsc_0140

原発対応から奇跡の帰還を果たしたI原さん

dsc_0139

もう少し暖かったら短パンはきたかったらしいHさん

dsc_0136

熊のパディントンみたいな帽子を深く被り、雨降る外界から

逃避してしまったS水さん

dsc_0142

セイルは御馴染、リドガードセイルでございます。

ロングレースでは通常2ndセットや3rdセットを使っていましたが、

今回は微風が予想されたため、テルテールに防水スプレーをかけまくった

2010の最新ライトミディアムを搭載、要所で良いパフォーマンスを出し、

オーバーナイトでお疲れのチームをグイグイフィニッシュへ近づけます。

*****************************

今回のレースは総括しますと、(グイッと短縮)

「急がば回れ」「回ったからって気を抜くな」

という事でしょうか。

レース結果は優勝がゲフィオン、2位ケットフィーク、3位グランブルー、4位エブリシングエブリシングとなりました。

(ケットフィーク、エブリシングエブリシングはリドガードユーザーです!)

それではこの入賞艇達はそんなに速かったのか? じつは、最初の初島回航では

ビリ1、ビリ2、ビリ3、という回航、つまり、レース序盤はボロ負けしていた3艇です。

結果は大逆転でしたから、長いレースの経験が多く、出遅れを挽回する

モチベーションと、粘り強さを持ったチームだったとも言えますね。

伝統のレースは同じコース、同じ時期に開催を続けることで、ドラマが生まれ

世代を超えて共有できる素晴らしさがあります。

いつか自分の子供が大島レースに出るようになる日まで、この大会が続くよう、

願ってやみません。

雨の中、深夜のロールコール、早朝のフィニッシュとパーティに至るまで、

運営をして下さったHMYCのみなさま、本当にありがとうございました!

横浜ミドルボートミーティング 優勝!!!

5月3,4日に横浜ベイサイドマリーナ沖にて、第1回 横浜ミドルボートミーティング 選手権が開催されました。

ここ数年、横浜のミドルボートが活発に活動されております。関東ミドルボートの中止もあり、今回は11艇と多数の

参加艇のなか葉山マリーナヨットクラブより遠征された、Everything Everything [J/V9.6CR] は盤石の走りで4レースをまとめ、

総合優勝をされました。 おめでとうございます!!

横浜ミドル結果

横浜ミドル結果



FLEXケブラー フルセットを採用して頂いており、不慣れな東京湾特有の海面にも最高のポテンシャルを発揮しました。

リドガードセイルはクラブレースでの多くの結果を基に、1艇1艇にマッチするデザインと販売後のマストセッティングを重視して

おりますので、セイルの性能を無駄にしません。

他社セイルをお使いの場合でも現状の性能解析から、より速くなるリカット、リメイク、そしてリグチューニングと、

現状のポテンシャルに満足でないレーサーの皆様のお手伝いをさせて頂きます。

Faster than first !

一番のその先へ、リドガードセイルは進化し続けます。

お問い合わせは コチラ から!

Home > 2011 > 05

Search
Link & Meta