Home > Blog > Page

Pageブログ

第47回 小網代カップ (大島レース)

10月31日の土曜日、伝統の小網代カップが開催されました。
270px-伊豆大島の衛星写真001.jpg
47年という歴史を重ねてきたカップを目指し、7艇の外洋レーサーがエントリーしました。
三浦半島から南へ30マイル、伊豆大島を時計回りに回って来る65マイルのオフショアレース、
単純なコースと思われるかもしれませんが、奥深く、様々なドラマの生まれるコースです。
一番の思い出は2年前の落雷、突風、リタイア。この時は本当の恐怖と、外洋レースの恐ろしさを体験し、2度と大島レースには出たくない、と思った程です。
それでもやめられない、中毒者の悲しさか。
昨年も北の無風から西の爆風40ktの吹き降ろし(本当に上から叩き付ける様な強烈ブロー)
今年はどんなレースになるのか、成績よりも、その恐怖への期待感(おかしな感覚ですね。。)が気持ちを高揚させます。
1d35logo.jpg
乗らせて頂いたのは、1D35(インディペンデンス)、レーティングが一番高く、風の落ちるロングコースでは後続艇に追いつかれる可能性があり、まずはファーストホーム狙い。
北東〜無風、朝方には西の強風が予報。
スタート後、三浦半島にそってポートのスピンラン。
時間と共に風が強まり、22〜25ktのブロー、艇速8〜10kt。
竜王崎まで残り14マイルでジャイブ。
ヘディングがジャストで竜王に向かう。
大島の南側はいつも通りの無風と、強烈ブローの繰り返し、島を離れない様、ベタベタで抜ける。
例年より苦労する事無く、元町が見えてくる、北風も安定しているので、風早埼に寄せ、リフトを掴む、いつもはこの辺りで悪い波に叩かれるのだが、艇速が7kt出ていると叩かれても失速せず突き抜けられた。
その後スタボーロング(−10度)となる、相模湾に入りすぎると風が落ちると判断し、ラムライン5マイルをリミットにタックを繰り返す(7回くらい)。
基本的にGPSのCOGアングルを参考に振れタックを行う。潮の影響もあり対地スピードは10kt、飛ぶ様にクローズを走り、風が落ち始めたギリギリ、20時20分にフィニッシュとなった。
後続艇はその後の微風に掴まったため、修正成績はフィニッシュ順。
47thKoaziroCup_result.jpg
外洋三浦支部より抜粋)
私自身は初めての小網代カップ優勝、とても嬉しいです。
そして乗員、艇体、無事で何よりでした。
この伝統のレースを絶やさず、運営して下さっている小網代フリートの方々に感謝申し上げます。
来年もフィニッシュ後のおでん、熱燗、を楽しみにしておりますので、宜しくお願いします。
 

First-310 Mainsail

10月に入り、レースシーズンが一段落。今年はケブラーやペンテックスのフィルムラミネートセイルを多数受注させて頂き、私の担当分としてレースセイルを立て続けに製作。久しぶりのダクロンセイルを製作しました。
logo_beneteau.jpeg
西伊豆に停泊されているBentau社製、First-310のオーナー様より、「メインセイルが破れたので、新調して下さい。」というご依頼でした。
-7.jpg
vue_cote.jpg
修理もできそうでしたが、コクピットドジャーにあたるため、150mmブームを上げたい(リーチを短く)というご要望もありましたので、デザインを再構築。
First310-sail-4.jpg
リーチを短くするのでクリューを約2度上げ、リーフも1つのリーフで更にマイナス1度づつクリューが上がる様にします。3ポイントリーフの時には、既に2リーフ分のセイルがブームにある訳ですから、角度を変えないと、その分ブームが落ちてしまい、ドジャーにあたってしまうのです。
リーフする際も、タックを決め、ブーム後端から3ポイントリーフをすると、3ポイントリーフ用のクリューまで距離があり、セイルをブームに近づける事が更に難しくなります。
また、リーフ用のタックも、スライダーとスライダーの間で距離をとらないと、下に溜まったスライダーが邪魔をし、リーフのフックにリングを掛けられない状況も発生してしまうのです。
リーフの位置決めは、生死を分ける重要な要素と考えておりますので、スムースにリーフが出来る様、必ず気を配っています。
クルージングセイルは安ければ良い、という方もおられますが、いざ荒天でのセイリングとなった時、良く考えられた、丈夫なセイルの価値は何ものにも代えられないのではないでしょうか。
セイルの改造、修理、取り回しのご相談等、クルージングクラブ出身者としての経験や、多くのクルージングセイラーから頂いた実際の情報を元に、じっくりお話しさせて頂きます。 お気軽にお問い合わせ下さい。 hl-sails@kg8.so-net.ne.jp 046-878-6100

カラー広告

  • 2009-10-28 (水)
  • News
昨年度に引き続き、カラー広告を掲載致します。
11月発売の舵誌をご覧下さい。
lidgardkazi3.jpg

ご要望にお応えして

pricing_bags.jpg
多くの方にご要望頂いておりました、レーシングクロスを用いたバック類を製作販売致します。
ケブラー、ペンテックス、カーボン、のレーシングクロスと、薄いダクロンを貼付け、強度を増したタフタバージョンの2種類をご用意しております。
チーム用のオプションとして、艇名、通し番号、JPN-(セイルナンバー)の貼付けも承ります。
サイズ、価格、納期等、お気軽にご相談下さい。
hl-sails@kg8.so-net.ne.jp
046-878-6100
担当:大澤

BAVARIA 35 match

今週のお仕事はババリア35マッチというクルーザーレーサーのライトジェノア。
35_MATCH_Titel_Logo.jpg
ババリアヨットのスポーツラインとして販売されていたマッチシリーズ、他にも38、42ftがラインアップされていました、35ftは何隻か日本にあり、クラブレースで活躍しています。
pics.10.jpg
ハル重量が5400kgあり、X−35の4300kgより1ton超、重いです、そのため、ヘッドセイルはほぼ同じラフの長さでも150%オーバーラップのジェノアを搭載し、セイルエリアでカバーしているんですね。 X−35がノンオーバーラップジブでも走れるのは、軽さ故かもしれません。
良い走りを提供出来る様、着実に製作しております。 

Home > Blog > Page

Search
Link & Meta