Home > Blog > Inshore-racing

Inshore-racingInshore Racing

Code-0 [コードゼロ] for IRC racer

ミドルボート選手権に向けたスーパーウェポン!
今週の納品はIRC対応の[Code-0]です。
P3201827.JPG
正面から見るとジェノアに見間違う程のエントリーアンングル、サギング量はジェノアの約2倍を想定し、ラフにホロー(凹み)をデザインしています、ハリヤードの種類やジャマー(ストッパー)の強度にもよりますが、40ft位まではウインチの力でサギングコントロールが可能です。
P3201828.JPG
フットをサイドステーギリギリまで引き込むと、微風でヘッドセイルを深めにセットするアングルに限りなく近いシーティングとなり、クローズリーチで使用可能となります
P3201829.JPG
横から見るとようやくジェネカーのプロファイルが確認出来ます、LPはアップウィンドでの使用レンジを上げるため、あえて150%付近を採用。
この1D35のように、最近のノンオーバーラプジブが標準のレーサーが、仮に150%LPのジェノアを搭載した場合どれくらいポテンシャルが上がるかを想像して頂ければ、この150%という設定が効いてくる事をお分かり頂けると思います、
P3201826.JPG
セイルホイストは通常のスピンと同じです、セイルのラフに高強度のスペクトラロープが搭載されておりますので、ウインチでの巻き上げによりフォアステーの役割を担っています。
IRCではハリヤードのイクジット高さに規定がないため、可能であればマストヘッドからハリヤードをとる方がより効果的(フットの長さを変えず、高さが増やせるから)
P3201823.JPG
ターゲットはAWA30〜60、TWSは0〜10kt、2.2ozと3.4ozの特殊生地を使用しています、軽量ですが、ケブラー繊維が伸びを最小に抑えます。
P3201825.JPG
ジェネカーとしては浅く、ジェノアとしては深い、この微妙なシェイプがデザインの腕の見せ所、
リーチ後半のフックは、ジェノアではあり得ないのですが、ミッドガース(セイル中間幅)がフットの75%以上なければ違反(IRC-Rule26.3.4)となるため、リーチの膨らみをばたつかせないために必要なダーツなのです。 
これにより、風速が上がるとメインセイルへのバックウインドが大きくなり、そのくらいの風速までがコード0の使用範囲といってもいいかもしれません。
オーバーラップジェノアを搭載している艇では、使用レンジが狭まります、逆に、Mumm30,Vite31,GP33,X-35,1D35,BC37,Farr40,等では非常に有効です、興味のある方と言わず、ディスタンスレースでも絶対勝ちたい方には是非お勧め致します。
費用は通常ジェネカーとほぼ同額から、小さいサイズでは70%位のお値段です。
ご質問等、お気軽に、まずはお問い合わせ下さい。[hl-sails@kg8.so-net.ne.jp]
pers1−2.jpg

のんびりでもないレース

3月1日はシーボニアの「のんびりレース第3戦」トレッキー(Muir40)にて参戦
正月に行われた南西ブイ回航の1戦目はシェイクダウンも済んでおらず、とりあえず参加。
レーティングを持っていな無かったのでOPENクラスで出場も、トリム、コース、総て噛み合わず惨敗でした。
今回は合宿と大幅なメンバー補強によりソフトの部分ではまとまりが見えてきた所、IRCレーティングも発行されており、いよいよ相模湾のレースシーンにデビューする事ととなりました。
セイル類は全オーナーから譲り受けたもの(大半が元ラッキーレディーのセイル。。)を使用していましたが、スピンだけは昨年、トレッキー用に製作した150平米の巨大ジェネカーを搭載!
昨年まではガンポールで使用していたものをスピンポールにセットして使うので、多少シェイプがおかしいのですが、まあ、エリアがあれば良いでしょ!との判断で使っています。
今回のコースは剣先沖ブイのショートディスタンス。
トレッキーの最も得意なコースなので気合いも入ります。
30〜40度の北東風でスタート、ピンエンドが有利なのにあまり混み合わず、3番手でピンエンド
スタート、即ジャイブでジェネカーアップ!
前にはカラスと元のマストオーナーご子息様が操るラッキーレディー号。
ちょい右前にこれまた巨大ジェネカーでフル加速中のSWAN42エスメラルダ号。
ヘディング170度でTWA140度、ジェネカーがグイグイ加速させてくれます。
あっという間にカラスの上手にオーバーラップ、嫌ったカラスはショートの2ジャイブでアウトサイドへ。
そのまま加速を続けていると風が更に上がりながら後ろへ、TWA155位でエスメを猛追し、釜根ブイあたりでオーバーラップ、何と抜き去りに成功!
城ヶ島の岩場にいかに寄れるかのチキンレース状態でウェイポイントを通過し、コースは110度、20kt近くまで上がったブローの中、巨大なジェネカーの2艇がタイトアビームで意地の張り合い、ほんの少し粘れば城ヶ島の南に出来た巨大なブランケットゾーンがあるため、何とか張り続けようともがいている隙に、後続のカラス、エスプリは早々とジブに変更し余裕のハンドリングで迫ってきます。
耐えきれずにスピンフローするも、タイトアビームの風で回収に手間取りスピンがたも網状態。。
このトラブルの間にエスメラルダはすい〜ッと前に出てしまい、後方から追い付かれたエスプリとカラスの3艇でスピード勝負、エスプリにはレグ途中で抜かれるもカラスは抑えて剣埼ブイまでクローズリーチを走りきりいざ回航!
と思いきやメインセイルが出ずブローチング!!ダサッ!
その隙をカラスが悠々と抜いていきます。
帰りもアビームでとにかくハイクアウト、ブローコール!
気がついたらGP33のセンチュリーファーストGTまで真後ろにせまっており、ずいぶん遅れた感がしていました。
城ヶ島からフィニッシュまでのスタボーロングのクローズでは、カラスがすぐ近くにいてくれたお陰で、自艇のクローズホールドの走らせ方やポイントが鮮明になり、良い収穫でした。
結局フィニッシュはエスメ、エスプリの最大艇が1、2着、3着カラスに1分20秒遅れ、5着GP33センチュリーGTに2分14秒を開け4着でした。
後続を結構離していたのでIRCデビュー戦として良かったんじゃないの〜という雰囲気でしたが、
終わってみれば、同じバーバーのトレーサー(First36.7)やアップル(First300)、に完敗。
更に積年のライバルである第一花丸が優勝!という事で、まだまだ精進が足らんという結末でした。
一応、セイル屋として分析してみますと、1位との差は修正234sなので、レーティングから逆算して3分25秒以上早くフィニッシュしていなければ優勝出来なかったレースです。
更に、デッドヒートを繰り返したカラス様(GS42)がIRC(1.145仮定)だったら2位。さすがです。ラッキーレディーのプラトー25も(0.961仮定)ならエスメに続く3位の予定。来月登場の新艇、KING40はIRCが(1.126仮定)だとすると、今のカラスと同じスピードならブッちぎりで優勝でした。恐るべしKING40。でもどんだけ速いかはまだ判りませんです。
トレッキーもレーティングをTCC1.118(現状は1.166)まで下げられれば、今回の所用時間でも優勝!それは物理的に困難な挑戦な気がしますね。。
しかし、ミスを連発した事やクルーウェイトが足りていなかった事、セイルチョイスを間違えた事は今後カバー出来ますし、何と言っても再来週投入のニューセイルが3分20秒をグググ〜ッと引き寄せてくれるに違いないでしょう! 
そんなセイルを私は製作中、、、、
今週もというか、この雪の中、トタン屋根のロフトで遅くまで頑張ります!
以上、長い週末報告でした。
pers1−2.jpg

今年の全日本

オリンピック種目にもなっていたドラゴン級、現在でも関西ヨットクラブを中心に幅広活動を行っています。
9月の全日本選手権では、田中良三氏の操船するミッドナイトフラワーが久々の優勝。
田中氏と弊社の吉川はもう何年もセイルデザインに関する意見交換を繰り返し、常にアンダーパワーの
ドラゴンとい船にマッチするセイルを模索してきました。
ワンデザインクラスのセイルでは、少しの変化でも順位に影響します、シビアな反面、作り手としては
腕の見せ所、プレッシャーを感じながら、乗り手と作り上げた最高のイメージを立体化していくのです。
P8310628-7.jpg

琵琶湖へ納品

琵琶湖のリドガードユーザー筆頭印、ホークウインド(Yー28s)さんへセイルチェックに伺いました。

横浜発11:50の夜行バス。予定より1時間も早い05:40に京都駅へ放り出され地下道を放浪した後

朝マック(開店から満席!!)、、、、、

2時間居座り9:00にレイクウエストヨットクラブへ到着。

本日のメンバーは7人


風予想(ヤフー)は5〜6m、N〜NWだったので気持ちも高ぶる

ところが、ところが、南から西に回った風は北に振り切らず収束、、、

スタートは一度延期されたもののすぐリスタート、しかし風はマワルマワルでスピンとジェノア

をあげたり降ろしたり、、今でこそ驚かなくなったものの、相変わらず琵琶湖のマジックウインドに

弄ばれる。同じマークを向いているすぐ隣の艇が南東のスピン、こちらは北でスターボのクローズ????

ラムライン上に風が無く、先行艇が止まっているのでかなーり大回りして(急がば廻れ作戦)を展開する

も、北風のパフ(絵に書いた様な真ん丸!)が降りてきてしまい作戦失敗(>_<)

トライアングルコースのサイド下レグでまた風が無くなり(急がば廻れ作戦2)を再発令するも

やはり大型(Yー30s、Bene41?)には追い付かず着順5位、まあ、良いですかね?ダメ?

微風に終始したレースだったので、フイニッシュ後に当初の目的、ヘビージェノアのセイルチェック、

トリムやカーの位置をアドバイス、パフの逃がし方などを実践してお伝えしました。

成績の修正は3位、商品の近江米(5kg)は本日の労いとしてありがたく頂戴しました。

帰りの電車は乗り換時の荷物(お米)の移動を最小限にするため新横浜を通り越し品川乗り換え。

横須賀線は新幹線改札のすぐ下なので楽チンですよ。。

仕事を通して、各地のセイラーと話たり、水域特有のセイリングが出来るのは密かな楽しみです。

さて来年はどこにお邪魔しようか、、、

Home > Blog > Inshore-racing

Search
Link & Meta